部長 岩本
環境衛生部の事業は区内の環境衛生及び区内の美化に関することが主で、年2回の一斉美化運動、千歳川の清掃などがあります。過去には区内一斉消毒を行いゴキブリや蚊の駆除にも活動していましたが、事情により中止となり、今は代替としてゴキブリ団子の作成配布をしています。最近では区とは別に区内の美化に活動するグループも出てきて、その方々たちには種代として助成しています。また、ゴミ集積箱やカラスよけネットの設置には隣組単位で補助金を出しています。 

お祭り前の7月と正月前の12月に区内一斉美化運動を行います。隣組単位で組内の清掃を行い、出されたゴミは区役員が焼却場まで運びます。
 
以前の精霊流しの供物は千歳川に流していましたが,今では区役員が早朝より出て千歳川の中河原橋と下河原橋の2ヶ所で一括収集して千歳川の環境美化向上に一役かっています。
 
町のクリーン&グリーン作戦の一環として宮下区では千歳川の清掃を行います。千歳川も下水道の復旧や、住民の意識の向上で昔と比較してカワニナが発生するほど、見違えるように美しくなりました。幼少の頃に蛍を追いかけ、竹ざおで鮎を釣った川が戻ってきました。 
入梅前には子供会のお母さんたちの協力でゴキブリ団子を作成し、区民に無料配布します。
「菜の花会」は千歳川河川敷に人力で花園を作成、小学生と共同で菜の花の種蒔きを行っています。また、宮下長寿会は桜木公園に花壇を作成、花の苗を植えました。このように区会を離れて活動している皆に拍手を送りましょう。これらの団体には種代や苗代を助成しています。
ゴミ集積箱・カラスよけネットに対する助成
 
各隣組単位でゴミ集積箱を新規に設置する場合には町と区会より助成金が出ます。
たとえば6万円の集積箱を設置した場合
60,000円−
30,000円=30,000円(隣組負担額)
(
町の助成は工事費の半額・但し上限40,000円)
更に
区会の助成
30,000円−
15,000円=15,000円(隣組負担額)
(町助成後の半額・但し上限30,000円)
このように各家庭の負担は、かなり軽減されます。
カラスよけネットは全額区会で負担します