区費はこのように使われています

宮下区会の運営資金は区民の皆様からいただく区費 (町内会費) と、湯河原町よりの助成金ですが、総収入の73パーセントは区費であり区会事業推進のための主な財源となっています。これらの収入により、たとえば防災資機材の購入や防犯灯の維持管理など、様々な事業を展開し区民の皆様に還元しています。
 この区費ですが、均等割りと応能割りの二つの部分から構成されており、均等割りはどこの家庭でも一律に負担していただく部分で、応能割りは収入や財産等を加味した部分です。 
 この表の見方、たとえば6級の家庭は、年額3,700円で、そのうち均等割りの部分が1,500円で応能割りの部分が2,200円です。これを年3回に分けて代議員(組長)の方が集金いたします。


区費年額 均等割り 応能割り 第1期 第2期 第3期
24,600 1,500 23,100 8,200 8,200 8,200
13,500 1,500 12,000 4,500 4,500 4,500
10,600 1,500 9,100 3,600 3,500 3,500
8,300 1,500 6,800 2,900 2,700 2,700
4,800 1,500 3,300 1,600 1,600 1,600
3,700 1,500 2,200 1,300 1,200 1,200
2,900 1,500 1,400 1,100 900 900
2,600 1,500 1,100 1,000 800 800
2,300 1,500 800 900 700 700
10 1,500 1,500 500 500 500
免除

事情により区費を免除されている家庭もありますが、回覧の配布等、他の家庭と全く同じ扱いをしてください。