○○のお店 本文へジャンプ





 宮下生産森林組合は神奈川県足柄下郡湯河原町宮下巣蜘蛛、旭ガ窪にまたがった組合経営の森林で、全面積24haの人口林はヒノキ14.4ha、スギ0.29haなどからなっており、一部保安林に指定されておりますので勝手な伐採等は出来ません。
  林道を頂上まで登って行きますと、城山公園にリンクする、絶好のハイキングコースとなっており、平日でもちらほらとハイカーの方々の姿を目にします。ご承知のとおり、これらの森林は人間に不可欠な酸素の工場であり、又、人間の身体の大部分を構成する水の源でもあるわけです。実際に林道を歩いていますと、マイナスイオンを身をもって体験することが出来ます。
  どこの森林組合でもそうですが木材価格の低迷している現在、主事業である木材の販売は皆無に等しく経営的には非常に厳しい状態です。 財源は組合員の下草刈欠席日当、県、町よりの助成、宮下簡易水道組合よりの助成を受けて運営しており、年一度の組合員による下草刈りや林道の清掃など、森林の緑と人間との共存を守るために、担当者は一生懸命です。